TOP > サドヤブログ >  今日、1月10日は七十二候の一つ「水泉動」です。
【日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤ】

サドヤブログSADOYA Blog

 今日、1月10日は七十二候の一つ「水泉動」です。
【日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤ】

LINEで送る

  • 2018年01月10日
  • 七十二候 二十四節気 今日は何の日 甲州ワイン 

いつもご覧いただきありがとうございます。

日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤです。

 

今日、1月10日から14日ころまでは、二十四節気の小寒、次候の

「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」です。地中で凍った泉の水が溶け、

動き始める頃と言われています。

 

とはいえ、空気は冷たく、寒さの本番はまだまだこれから…、

といった所が実感ではないでしょうか…?

 

今朝、ワイナリーの敷地内では、至る所で霜柱を見ることが出来ました。

 

それでも、冬至のころよりは明るい時間が長くなりましたし、日中の太陽の

日差しにも少しずつ力強さを感じるようになってきました。

 

次の「大寒」を過ぎれば「立春」、暦の上では春をむかえることとなります。

少しづつではありますが、確実に季節は春にむかっていますね。

 

「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」、日本の里山を流れる清流のように

清らかな味わいのワインをご紹介いたします。

 

甲州シュール・リー「緑」- Green -

山梨県産甲州種を使用し、シュール・リー製法でキリッと辛口に仕上げました。

日本の食卓にそっと寄り添い、飲み飽きるということがありません。

 

 

 

Archives月別記事

RSSリーダーで購読する

ブログ
メールマガジン
株式会社サドヤ
Facebook
Twitter