TOP > サドヤブログ

サドヤブログSADOYA Blog

台風一過
【日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤ】

LINEで送る

  • 2018年07月30日
  • ワイン造り カベルネ・ソーヴィニヨン 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし) 着色期(Veraison) ぶどう畑 大暑 七十二候 ワイナリー見学 観光 甲府の気候 二十四節気 ぶどう品種 

いつもご覧いただきありがとうございます。
日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤです。
.
台風一過の甲府は快晴の天気に恵まれました。皆様のお住まいの地域では台風の

被害等はありませんでしたでしょうか…?
.
今日も甲府では最高気温35℃以上の“猛暑日”を記録しましたが、

40℃近い“スーパー猛暑日”が続いた先週と比べると“それほどでもない…”感じがします。
.
しかし、そのような油断が熱中症を引き起こす要因となりかねません。

週間予報でも猛暑日が続く予想となっています。ご自愛ください。

カベルネ・ソーヴィニヨンのVeraison(ヴェレゾン・着色期)が進んでいます。

【メルマガアーカイブ】 レポート 日本ブドウ・ワイン学会(ASEV Japan)(2016年12月17日配信)

LINEで送る

  • 2018年07月30日
  • 真田丸 ワイン造り TV 棚長梢(X字) メルマガアーカイブス 棚短梢(一文字) 垣根長梢(ギヨ) 垣根短梢(コルドン) 2016年12月 ぶどう畑 甲州 日本ブドウ・ワイン学会(ASEV JAPAN) ぶどう品種 

私、寺井が今回の最新情報をお届け致します!

 

みなさまこんにちは、今回で15回目の登場となります、蔵人の寺井です。
何やら、ショップの二人は「真田丸」の話題で盛り上がっているようですね。

 

私もわりと歴史は好きな方なのですが、やはり一番好きなのは郷土の英雄で私淑している、武田信玄公です。
真田家も旧武田家家臣ではありますが、幸隆、信綱父子の代くらいまでしか知らない為、今ひとつ彼らの
会話について行けず、少し寂しい思いをしています。

 

武田二十四将の一人“秋山伯耆守信友”(あきやまほうきのかみのぶとも)の屋敷跡に建つ山梨大学にて、
11月26日(土)、日本ブドウ・ワイン学会(ASEV JAPAN)の総会が開催されましたので参加をさせて
頂きました。

 

当日は様々なセミナーや、口頭発表がありましたが、その中で個人的に興味を持ったものを一つだけ、

この場を借りて掻い摘んで、ご紹介させて頂きたいと思います。(※の私の理解不足で間違った解釈を

お伝えしてしまうような箇所もあるやもしれません。その節は平にご容赦頂きたくお願い申し上げます。)

 

私が特に興味深く拝聴させて頂いたのは「仕立て及び整枝剪定方法の違いが“甲州”の果実特性に及ぼす

影響」という発表です。山梨県果樹試験場の渡辺氏、山梨峡東地域普及センターの三宅氏、山梨県

工業技術センターの小松氏、恩田氏、4氏の研究報告です。

 

“甲州”は一般的に、棚仕立ての長梢剪定で栽培される事が多いのですが、仕立て及び、整枝剪定方法の

違いにより、どのような変化が現れるのか、と言った内容でした。

 

比較を行った仕立て及び、整枝剪定方法は、棚長梢(X字)棚短梢(一文字)垣根長梢(ギヨ)

垣根短梢(コルドン)、以上、4つの仕立てでした。

 

棚短梢(一文字)の生育速度は、棚長梢(X字)とほぼ同じだが、ベレーゾン(ぶどうの色付き)は

垣根より3-5日早く、棚長梢(X字)より総酸含量が高く、熟期が遅れる傾向が見られる。

棚長梢(X字)に比べると収量は少ないが、作業時間が短縮出来る。適正樹勢の維持が課題である

そうです。

 

垣根長梢(ギヨ)では、ぶどうの糖度は高いが、果房重が小さく収量が少ない。新梢の生育が不揃いで

満開期の新梢も長く、適正樹勢の維持が難しい。また、節間も長く、翌年の結果母枝の確保も難しい為、

“甲州”は垣根仕立ての長梢剪定栽培には向かないとの事でした。

 

垣根短梢(コルドン)では、棚の長梢(X字)、短梢(一文字)に比べて、収量は少なかったが、

垣根長梢(ギヨ)よりは多く、作業も単純なことから樹冠の拡大等、更なる検討により収量の増加を

図れるものと考えられるそうです。

 

また、“甲州”では、新梢の基芽は花芽を持ちにくい事が解ったという事です。
(※“甲州”の基準単収は1.8-2.0t/10aです。)

 

上記の栽培方法の違いから得られた、4種の甲州葡萄を醸造した際の比較ですが、短梢、長梢、どちらの

場合においても、垣根栽培のほうがアミノ酸含量が多かったという事です。以前の研究で、アミノ酸含量

と酢酸イソアミルや、他の脂肪酸エステルと正の相関がある事が報告されているそうです

 

今回の試験に於いても、ワイン中の脂肪酸エステル類は、棚栽培の約1.0〜3.5倍含まれていたとの事。

また、バラ洋の香りがし、フルーティーさの増強に役立つ事が知られている、βダマセノンも垣根栽培の

方が多かったという事です。また、官能評価においても、垣根栽培のほうが良い評価のものが多かった

ようです。

 

これまでの甲州ワインの研究で、栽培方法の違いがワイン中の成分に大きな差が認められたのは初め

であり、甲州の垣根栽培の今後に期待が出来るとの事でありました。

 

“甲州”の垣根栽培はまだ一般的とは言えない状況です。サドヤで醸造している甲州も総て棚栽培のものを

使用しています。しかし、このような研究が進むうちに、醸造用甲州の栽培は垣根栽培が主流、という

ような時代が来ると面白いですね。(実現する為のハードルは相当高いと思いますが…。)

 

先ずは一度この手で、垣根栽培の甲州を醸してみたいものです。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

【メルマガアーカイブ】 大好評! 「福箱」、調子に乗ってフライング販売始めました!!(2016年12月15日配信)

LINEで送る

  • 2018年07月30日
  • 新酒(ヌーボー) 真田丸 TV メルマガアーカイブス 水曜どうでしょう メディア 2016年12月 季節の商品 シャトーブリヤン ミュール サドヤ農場 オルロージュ 甲州ワイン ぶどうジュース 

私、波多野が今回の最新情報をお届け致します!

 

プーチン萌え〜♥プーチン大統領が宿泊している「大谷山荘」さん、たまーにですケド、
サドヤのワインも納品されています!! ( ´∀`)bグッ!

みなさまこんにちは、サドヤワインショップ店長の波多野です。

何だか毎回、山本が「真田丸」について熱く語っているようです…。ナントカ団右衛門がどうとか、こうとか…。
まっ、そういう話は“歴史バカ”にまかせて、“どうバカ”の自分からしたら、そんなコトより “ずんだ餅”ですよ!

以前から、ちょいちょい“ずんだ餅”は登場していましたが、まさかココで“どうでしょう要素”を
ブチ込んでくるとは…。「真田丸」とは全く関係のない、“ミスター生き地獄”の図を思い出し
爆笑してしまいましたー。 (゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

※ワカル人だけ解ってくれればイイでーす。気になるひとはチョット長いですけどココでも見てくださーい☆

 

言いたいコトも言いましたので、ワインの紹介でもしましょうかね〜 ((o(´∀`)o))ワクワク

 

今年のお正月に、ワイナリー売店とWEB限定で販売した「福箱」ワインセット、好評につき

調子に乗って今シーズンは12月中から、フライング販売を開始しました!! ( ´∀`)bグッ!

 

まるごと 山梨セット

ワイナリー売店&オンラインショップ限定の年末年始特別企画!!送料無料!&年末年始

お年玉プレゼント付き!!限定「福箱」ワインセット。山梨県産ぶどう100%使用「まるごと山梨セット」

 

内容
ヴァン ロゼ ヌーボー 2016 720ml × 1
サドヤ 甲州シュール・リー 2015 「緑」 – Green – 720ml × 1
甲州醸し 2015 SMOKE – スモーク – 720ml × 1
オルロージュ 2014 赤 720ml × 1
オルロージュ 2015 白 720ml × 1
美味ぶどう液(550ml) ※年末年始お年玉プレゼントとして1本サービス!

 

もっと まるごと 山梨セット
ワイナリー売店&オンラインショップ限定の年末年始特別企画!!送料無料!& 年末年始

お年玉プレゼント付き!!限定「福箱」ワインセット。ぶどうも酒米も、仕込み水もすべてが

山梨県産「もっとまるごと山梨セット」

 

山梨県で人気No1の日本酒蔵「七賢」の数量限定新酒「一番しぼり」とサドヤのオススメワインを

合わせた5本セット。「一番しぼり」は蔵元のオンラインショップでもすでに完売している人気の品。

このセットの為に特別に在庫を確保しました。

 

内容
オルロージュ 2014 赤 720ml × 1
オルロージュ 2015 白 720ml × 1
ロゼ スパークリング 2015 720ml × 1
シャトーブリヤン ミュール サドヤ農場 赤 720ml × 1
七賢 一番しぼり 720ml × 1

美味ぶどう液(550ml) ※年末年始お年玉プレゼントとして1本サービス!

 

もちろん、七賢さんの一番しぼり単品の販売もしておりまーす。
年末年始は、おトクなサドヤのワインセットで お楽しみくださーい☆

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

【メルマガアーカイブ】「ゴールデンジンジャーワイン」販売を再開しましたッ!!(2016年12月13日配信)

LINEで送る

  • 2018年07月30日
  • 真田丸 TV 新選組! メルマガアーカイブス ジンジャーワイン メディア ブルーベリー+ワイン 2016年12月 甘口ワイン 

私、山本が今回の最新情報をお届け致します!

 

大泉洋さんの黙れ小童!返しが炸裂lッ!!

 

 

これほど大勢にあまり影響のない、長〜い伏線って、かってあったでしょうか?

それ以外にも、番組を初期から見ていないと解らない、小ネタがチラホラと…。
きりさんも、「遅い!」と言いつつも、ようやく報われる日が来たようで…。

あの、捨助さんも新選組の隊士に正式になれたのは、本当に物語の終盤でした…。

 

今回も見どころが多すぎた「真田丸」、次回とうとう最終回…。今から、真田丸ロスが心配な
“在庫番長”こと、サドヤワインショップ担当の山本です。みなさま、こんにちは。

 

言い触らし団右衛門を読んでいらい、塙団右衛門ファンのワタクシ…。自己顕示欲と功名心の塊で、
ケレン味たっぷりの、自己プロデュース。身近にいれば、絶対にウザいヤツなんでしょうが、
どこか憎めない、愛すべき滑稽さを持った好漢ですッ!

しかし、その愛すべき団右衛門があっさり討ち死に…。プライベート・ライアンの冒頭、

オマハ・ビーチで揚陸艇の船首が開いた途端に、ヘッドショットされた兵士並の光速討ち死にでした…。
団右衛門ファンとしては、もう少し、武将らしい華々しい討ち死にシーンにして欲しかったですッ!!

 

って…、イケナイイケナイ…。今日も、大河ドラマを観たくなる話ばかり…。
ワインの紹介のジャマを、しないで下さ〜〜〜いッッ!!

 

それでは、在庫番長、今週のオススメワインの紹介ですッ!!

 

ゴールデンジンジャーワイン


前回のメルマガで、寺井さんより瓶詰めの報告がありましたが、ラベルの貼付け等、パッケージングも
終了! 販売を再開しました!! 瓶詰め直後のため、より生姜のフレーバーが強く感じられます。
生姜好きのかたに特にオススメしますッ!!

 

ブルーベリー + ワイン

在庫が少なくなってきていますッ!近日中に新たなロットの瓶詰めを行いますので、欠品の心配は

ありませんが、現在のロットと新しいロット、機会があれば飲み比べてみるのも面白いものですッ!

今のうちにストックしておくのも手ですね…。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

【メルマガアーカイブ】「国産ワイン発祥の地・甲府」を楽しむモニターツアーが無事催行されました。(2016年12月6日配信)

LINEで送る

  • 2018年07月28日
  • イベント 新酒(ヌーボー) 「国産ワイン発祥の地・甲府」を楽しむモニターツアー 日本ワイン発祥の地・甲府 真田丸 TV 新選組! メルマガアーカイブス カベルネ・ソーヴィニヨン マスカット・ベーリーA 2016年12月 季節の商品 ロゼ ワイン スパークリングワイン ワイナリー見学 観光 ぶどう品種 

私、山本が今回の最新情報をお届け致します!

 

毎週日曜夜のお楽しみ「真田丸」も残すところあと2回…。早く続きを観たいような、観たくないような…。
織田有楽斎をコマとした、信繁と家康の諜報戦の間にはさまれた、佐助の光速振られには思わず吹き出してしまいました…。

 

 

長澤まさみさん演じる「きり」、モデルとなる人物がいたと言われていますが「高梨内記の娘」

としか 記録がないらしく、演出上はほぼ“架空の人物”と言ってよい気がします。

 

「真田丸」と同じく三谷幸喜さんが脚本を担当した、NHKの大河ドラマ「新選組!」で「きり」と

同じように、モデルとなる人物が居りつつも、ほぼ“架空の人物”と言ってよく、そして、何故か

時勢に多大な影響を与え続けた最強のヘタレ「滝本捨助」と「きり」の二人が私にはかぶって

見えて仕方がないのです。同じように感じていらっしゃる方はいませんか?

 

以前このメルマガでも、「真田丸」が面白すぎて、久しぶりに司馬遼太郎先生の「城塞」

読み直しいる、と、書かせていただきましたが、その「城塞」の物語の主要人物の一人であり、

これまた架空の人物である、「お夏」。この「お夏」も立場は全く違うのですが、どこか「きり」と

似たような部分があるような…、イヤイヤ、この場合は「きり」が「お夏」に似ている部分があると

言うべきか…。

 

と、そんなことばかり考えています、“在庫番長”こと、サドヤワインショップ担当の山本です。
みなさまこんにちは…。

 

余談ではあるが…、と、断りを入れつつも、本編の内容を忘れるほどの“余談”の長さ、そして、

「この件についてはすでに触れた…。」と、突如素に戻るという、司馬先生の手法を真似してみよう

としましたが、無駄に長く、意味のないものとなってしまいました…。 反省しています…。

 

前回のメルマガで触れ、サドヤのFacebookでもご紹介させていただいた、「国産ワイン発祥の地・甲府」

を楽しむモニターツアーが、12月4日に催行されました。この際に小野部長と一緒に、サドヤの地下セラー
見学の案内を担当させていただきました!

 

その時に、サドヤのワインショップで人気だったワインを今日はご紹介させていただきますッ!!

ドライ スパークリングヴァン ロゼ ヌーボー ですッッ!!
その理由(ワケ)は…。

 

甲府へ来るまでのワイン列車の中で、上記2つのワインが振る舞われましたが、最後のお買い物

スポット、地場産業センター・かいてらすでは購入出来ないワインだったから…、ですッ!!

本当に今日は余談の方が長く、ワインの紹介が短くなってしまいました…。「反省してまーす」…。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

Categoryカテゴリー

RSSリーダーで購読する

ブログ
メールマガジン
株式会社サドヤ
Facebook
Twitter
Instagram