TOP > サドヤブログ > シャトーブリヤン ミュール サドヤ農場

サドヤブログSADOYA Blog

今週末のワイナリー見学について(2017年7月21日・22日)
【日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤ】

LINEで送る

  • 2018年07月21日
  • 鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) 日本ワイン発祥の地・甲府 イベント カベルネ・ソーヴィニヨン セミヨン 甲州 小暑 シャトーブリヤン ミュール サドヤ農場 サドヤ ワイン スクール ロゼ ワイン スパークリングワイン 甲州ワイン 営業案内 ワイナリー見学 七十二候 観光 甲府の気候 二十四節気 ぶどう品種 

いつもご覧いただきありがとうございます。
日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤです。
.
サドヤのある甲府では、7日間連続の猛暑日を記録しました。

今週末も猛暑日の予想となっています。体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。

猛暑の週末は、駅近クールスポット、サドヤの地下セラー見学は如何ですか…?
.
既に定員に達した回もございます。
今週末、2018年7月21日(土)・22日(日)のワイナリー見学のご予約状況をお伝えいたします。
.
※2018年7月21日 10:00の時点のご予約状況です。
.
7月21日(土)
.
10:00 ○ 定員に対して余裕があります。
11:00 △ まもなく定員に達します。
—————————————–
13:00 ○ 定員に対して余裕があります。
14:00 × ワインスクール開講のため催行なし。
.
ワインスクールの定員に対して余裕があります。当日のご参加も受け付けております。
.
15:00 △ 間もなく定員に達します。
16:00 × 定員に達しました。
.
7月22日(日)
.
10:00 ○ 定員に対して余裕があります。
11:00 × 定員に達しました。
—————————————–
13:00 ○ 定員に対して余裕があります。
14:00 △ 間もなく定員に達します。
15:00 ○ 定員に対して余裕があります。
16:00 ○ 定員に対して余裕があります。
.
※2018年7月21日 10:00の時点のご予約状況です。

【メルマガアーカイブ】12月7日は二十四節気の一つ「大雪」でした!(2016年12月8日配信)

LINEで送る

  • 2018年07月19日
  •  ムニエル 西京焼き メルマガアーカイブス カベルネ・ソーヴィニヨン ワインと食材の相性 セミヨン 2016年12月 シャトーブリヤン ミュール サドヤ農場 大雪 甲府の気候  二十四節気 ぶどう品種 

私、波多野が今回の最新情報をお届け致します!

 

う゛う゛う゛…、寒い (((〃´Д`)(´Д`〃))) ですネー…、ここ甲府でも、一日の最低気温が

氷点下を記録する日が増えて来ました…。こう見えて、寒さに弱いワイルド系“九州男児”

サドヤワインショップ店長の波多野です。みなさまこんにちは!!

 

嘘です…、ごめんなさい…。m(_ _)m 九州男児ではありません…。強いて言うならば“本州男児”です!

“九州男児”だろうが“本州男児”だろうが、寒いものは寒い〜…。それもそのはず、昨日、

12月7日は二十四節気の一つ「大雪」(たいせつ)でした! ( ´∀`)bグッ!

 

「大雪」(たいせつ)とは、本格的な冬の訪れを告げる時期で、山々は雪に覆われ、平地にも雪が

降り積もる頃と言われています。。読みは「大雪」(たいせつ)と解ってはいるのですが、この文字を

見ると、どうしても、「大雪」(おおゆき)に見えてしまい、2年前のあの日を思い出してしまいます…。

 

朝、起きて、玄関を開けたらこの光景…、

玄関から数メートル先の道路に出るために、2時間以上…。

なんとか、ワイナリーにたどり着いたら、敷地面積2,000坪の雪かきが待っていました…。(;´Д`)

物流も完全にストップしてしまい、1週間くらい雪かきばかりをしていた事を覚えています。

 

あれ以来、「雪」はあまり好きではないのですが、今が旬!  魚編に雪と書く魚「鱈」(タラ)
は大好物です!! ( ´∀`)bグッ!

 

さあ、長い前置きとなってしまいましたが、「鱈」(たら)と合わせるワインいってみましょう!!

 

家庭でもフライパン一つで簡単に調理出来て美味しい、「鱈のムニエル」には


シャトーブリヤン ミュール サドヤ 農場 白がオススメです!! ( ´∀`)bグッ!


バターやクリームを使い調理された魚料理には、果実味が豊かで、ボディのある白ワインが良く合います!!

 

白みその甘みと、焦げた味噌の風味が香ばしい、「鱈の西京焼」には


シャトーブリヤン ミュール サドヤ 農場 赤がオススメです!! ( ´∀`)bグッ!


みその甘みがワインで口の中に広がり、焦げたみその香りもワインの樽香と良く合います!

 

雪には弱いが、鱈は好き!! 「鱈」以外にもお好きな白身魚で、ステキなワインライフをお楽しみくださーい☆

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

〜 サドヤ出店 イベント情報 〜 太陽のマルシェ 
【日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤ】

LINEで送る

  • 2018年07月12日
  • イベント ROCK Neo Classical Metal Progressive rock 一升瓶ワイン シャトーブリヤン ミュール サドヤ農場 オルロージュ ロゼ ワイン スパークリングワイン モンシェルヴァン 太陽のマルシェ 甲州ワイン 甘口ワイン 営業案内 観光 UK Sweden MUSIC 

いつもご覧いただきありがとうございます。
日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤです。

 

7月開催、「太陽のマルシェ」にサドヤは“もちろん”出店します!!

開催日時 7月14日(土)〜 7月15日(日)
開催時間 10:00 〜 17:00 (4月〜9月) 10:00 〜 16:00 (10月〜3月)
会  場 月島第二児童公園(中央区勝どき1-9-8

 

「海の日」を含む7月の3連休! 楽しみにされている方も多いことと思います。
3連休の予定はお決まりですか…?3連休中は各地で猛暑が予想されています。
熱中症対策をしっかりとしたうえでレジャーをお楽しみくださいね
Monsieur Marche 小野部長が今回も会場へお伺いする予定です。

 

太陽のマルシェ 公式ホームページ
http://timealive.jp/

 

太陽のマルシェ 公式Facebook
https://www.facebook.com/taiyounomarche

 

King Crimson – Larks’ Tongues in Aspic

 

Yngwie Malmsteen -?Far Beyond The Sun

 

Pink Floyd – Set The Controls For The Heart Of The Sun

【メルマガアーカイブ】 生牡蠣とレモン、そして白ワインの美味しい関係!(2016年11月12日配信)

LINEで送る

  • 2018年07月09日
  • 生牡蠣 メルマガアーカイブス ワインと食材の相性 セミヨン 2016年11月 甲州 シャトーブリヤン ミュール サドヤ農場 シャトーブリヤン 甲州ワイン ぶどう品種 

私、寺井が今回の最新情報をお届け致します!

 

みなさまこんにちは、今回で10回目の登場となります、蔵人の寺井です。
此処、甲府では今週、10日に初氷を観測したそうです。急速に秋の気配が深まり、

冬が近づいて来るのが感じられますね。

 

この時期、旬を迎えるのが、私も大好きな「牡蠣」(冬場に旬を迎える「真牡蠣」)です。
真牡蠣の水揚げ期間は10月〜4月くらいまでの約半年間、しかし、生食用として出荷出来る期間は、
11月〜2月くらいまでだそうです。

「生牡蠣とシャブリ」の例を出すまでも無く、生牡蠣と白ワインの相性の良さは既に周知の事実

ですが、今日は、「生牡蠣と白ワインの美味しい関係」」について、少しだけ科学的にお話させて

頂きたいと思います。

 

皆様は生牡蠣を食べる際に何を添えられますか?恐らく、レモンやすだち、かぼすなど柑橘系の

果実の果汁を絞り、牡蠣と一緒に召し上がる方が多いかと思います。今回はこの、柑橘系果実の

果汁が(以下レモンの果汁とします。)美味しい関係のポイントとなります。

牡蠣に含まれる、「乳酸」や「コハク酸」は「温旨系有機酸」と呼ばれ、温かい温度で美味しくなる

性質があります。しかし、生牡蠣は冷やして食べるものですので、そのままでは「温旨系有機酸」の

美味しさを活かす事が出来ません。

 

そこで、レモンの出番となります。生牡蠣にレモンを絞ると、レモンの持つ「クエン酸」の働きで、
牡蠣が冷たいままでも美味しくなるのです。

 

「クエン酸」は冷やすとと美味しくなる「冷旨系有機酸」です。牡蠣に豊富に含まれるグリコーゲンと 「冷旨系有機酸」は非常に相性が良いのです。生牡蠣に、レモンを絞って頂く事により、とても美味しく召し上がって頂けるのですが、そこに白ワインをプラスして頂く事により、更に美味しくお召し上がり頂けます。

白ワインには、「リンゴ酸」と「酒石酸」というスッキリとした「冷旨系有機酸」が多く含まれています。牡蠣にはこの酸が欠けている為、レモンの「クエン酸」が仲人役となり、絶妙なマリアージュを魅せます。

どうぞ、生牡蠣とサドヤのワインのマリアージュをお楽しみ下さい。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

カベルネ・ソーヴィニヨンの副梢が開花。
【日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤ】

LINEで送る

  • 2018年07月03日
  • ワイン造り 半夏生(はんげしょうず) カベルネ・ソーヴィニヨン ぶどう畑 開花(Floraison) 夏至 シャトーブリヤン ミュール サドヤ農場 シャトーブリヤン ワイナリー見学 七十二候 観光 甲府の気候 二十四節気 ぶどう品種 

いつもご覧いただきありがとうございます。
日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤです。

 

ワイナリー敷地内の見本園、カベルネ・ソーヴィニヨンの副梢が開花しているのを見つけました。


一般的に“2番成り”などと呼ばれているブドウになるものです。この“2番成り”のブドウは、

房は小さく、酸も糖度もしっかりとしたブドウになる場合が多いのですが、熟期が遅く本来の
収穫時期とは異なるため、ほとんど活用される事はありませんでした。

 

現在、地球温暖化などの影響で、ブドウの開花時期が早まる傾向があり、成熟期が夏の

高温時期に重なる事が危惧されています。

 

その対策の一つとして、副梢を管理し、“2番果”を成らせ、人為的に収穫時期をコントロールし、

冷涼な晩秋に成熟させる、という研究がなされているそうです。

 

今まで特に活用される事のなかった“2番果”が、ブドウ栽培に於ける温暖化対策の

一つとして研究の対象となっている事は大変に興味深い事です。

 

今はまだ研究段階という事ですが、気温の高い甲府でブドウの栽培を行っている、

サドヤにとっても将来的に有意義な研究成果が出る事を願っています。

Categoryカテゴリー

RSSリーダーで購読する

ブログ
メールマガジン
株式会社サドヤ
Facebook
Twitter