TOP > サドヤブログ > バトナージュ

サドヤブログSADOYA Blog

“醸し”の甲州の糟出しと圧搾を行いました。
【日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤ】

LINEで送る

  • 2018年09月28日
  • 圧搾 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ) バトナージュ ワイン造り 醸し(マセレーション・スキンコンタクト) 甲州 秋分 甲州ワイン 七十二候 二十四節気 ぶどう品種 

いつもご覧いただきありがとうございます。
日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤです。
.
“醸し”の甲州の糟出しと圧搾を行いました。
2017ヴィンテージと同様に、発酵初期の72時間果汁と果皮を一緒に浸し保持しました。
.

.
甲州種を使用したワインですが、醪がほんのりとピンク色をしてるのはその為です。
.
甲州醸し 2017 SMOKE – スモーク –

.
2018ヴィンテージでは“醸し”の期間中に1回醪にバトナージュ(撹拌)を行いました。
.
これにより、昨年以上に抽出が進んでいる事と思われますが、発酵温度が上がりました
ので、香気成分やワインの持つフレッシュ感などに何らかの影響を与えているかも知れません…?

.

どのように仕上がるのか楽しみです。

Categoryカテゴリー

RSSリーダーで購読する

ブログ
メールマガジン
株式会社サドヤ
Facebook
Twitter