TOP > サドヤブログ > マスカット・ベーリーA

サドヤブログSADOYA Blog

【メルマガアーカイブ】ロゼワインの醸造方法 (セニエ法)他…。
(2016年10月22日配信)

LINEで送る

  • 2018年06月20日
  • セニエ 酒石(酒石酸水素カリウム) ワイン造り 醸し(マセレーション・スキンコンタクト) メルマガアーカイブス 2016年10月 マスカット・ベーリーA ロッシェル塩 季節の商品 ロゼ ワイン ワイナリー見学 甲府の気候 ぶどう品種 

私、寺井が今回の最新情報をお届け致します!

 

みなさまこんにちは、今回で7回目の登場となります、蔵人の寺井です。
一月程前に仕込みを行った、マスカット・ベーリーA主体をとした新酒の瓶詰めが近づいて参りました。

 

現在は冷却タンクの中で静かに静置され、酒石を結晶化し取り除く準備を行っています。

サドヤの新酒は、毎年、よく晴れて澄み切った秋空の夕暮れを連想させる、色鮮やかなロゼワインです。

皆様、ロゼワインの醸造方法をご存知頂いておりますでしょうか? 今日は簡単ではありますが、

ロゼワインの醸造方法についてお話をさせて頂きたいと思います。

一般的にロゼワインの醸造方法は、3種類に大分されると言われていますが、日本国内の事情を加味すると、

ロゼワインの醸造法は4種類あると言えるかもしれません。

 

1.赤ワインと白ワインをブレンドする。
読んで頂いた通りです。ブレンド比率を変えることにより、手軽に望む色調、味わいのロゼワイン

が造る事が出来ます。山梨県では、甲州種とマスカット・ベーリーAをブレンドしてロゼワインを

造るケースが多いように思われます。※海外の多くのワイン生産国ではこの方法は禁止されています。

 

2.混醸法
黒ぶどうと白ぶどうの果汁を混合して、白ワインと同様の手順で発酵を行う。(白ワインと赤ワイン
を混ぜるのではありません。)フランス等では禁止されていますが、シャンパーニュのロゼでは
認められています。ドイツではロートリング法と呼ばれています。

 

3.直接圧搾法(pressurage direct)
黒ぶどうを用いて、白ワインを醸造するのと同様に、除梗、破砕を行い、直ちに果汁を圧搾し
発酵を行います。この製法で造られるワインの中で有名なものでは、仏、ロワール地方の
ロゼ・ダンジュ-(rose d’Anjou)や、カルフォルニアのジンファンデルより造られる、
ブラッシュワイン(blush wine)などがあります。

 

4.セニエ法(Saignee)
赤ワインの醸し(マセラシオン)の途中で、程よく色づいた果汁の一部を別のタンクに移して
発酵を続けます。極短い時間ではありますが、途中までは赤ワインと同様の方法で造られる為、
程よくタンニン分を含む、しっかりとした味わいのロゼワインになる事が特徴です。サドヤの
ロゼワインは、このセニエ法を用いて造られています。

マセラシオンの途中、セニエを行うまでの時間ですが、ぶどう品種、造りたいワインの種類などにより、
異なってきますが、爽やかさを売りとする新酒の場合は、数十分〜1、2時間程度と短めの場合が多い
ように思います。

 

サドヤのマスカット・ベーリーAを使用した新酒の場合も、短時間でセニエを行っています。
除梗、破砕を行い、もろみをタンクに送り、タンク内でぶどうの自重で滲み出たフレッシュな果汁を
セニエ用の果汁として抜き取って使用しています。サドヤのFacebookに掲載させて頂いた
この画像が、マスカット・ベーリーAをセニエしている所となります。

画像では、薄く濁った灰色のように見えますが、発酵し清澄することにより、鮮やかなサーモンピンク
の色調へと変わってゆきます。

 

新酒、山梨ヌーボーの発売は11月3日が解禁となっていますので、今しばらくお待ちをお願い致します。

新酒を皆様にお披露目出来るまであと少しです。期待してお待ち下さい。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

【メルマガアーカイブ】毎月29日は「肉(29)の日」です!!(2016年9月29日配信)

LINEで送る

  • 2018年06月06日
  • メルロ メルマガアーカイブス 2016年9月 ソーヴィニヨン・ブラン マスカット・ベーリーA 焼肉 今日は何の日 モンシェルヴァン ぶどう品種 

私、波多野が今回の最新情報をお届け致します!

 

みなさまこんにちは、お肉を食べていますか!? 毎月29日は「肉(29)の日です!!」
お肉大好き!! ワインショップ店長の波多野です!!

「肉(29)の日」にちなんで、サドヤの大人気ワイン!モンシェルヴァンの情報をお伝えします!!

山梨県内の焼肉屋さんに行くと、「モンシェルヴァン」がオンリストされている事がとても多いんです。

試しに「モンシェルヴァン 焼肉」でググってみると…。検索上位の数件はサドヤのオンラインショップ

ですが、そこから下は「焼肉屋」さんの情報がズラリッ!!

「焼肉屋」さんへ行くと「モンシェルヴァン」が飲みたくなりますし「モンシェルヴァン」を飲むと、
焼肉を食べたくなる! モンシェルヴァンと焼肉の素敵な関係をご紹介させて頂きます! ( ´∀`)bグッ!

 

モンシェルヴァン 白


「タン塩」「ヤゲン」(鶏胸軟骨)など塩味で頂く部位にはレモンを絞る感覚でこのワインを一緒に
お楽しみ下さい。ソーヴィニヨン・ブランの爽やかな酸味が素材の味を引き立てますよ!

 

モンシェルヴァン 赤

「カルビ」「サーロイン」など脂の乗った部位には「モンシェルヴァン 赤」を一緒に合わせて。
もはや説明は不要ですね!! ( ´∀`)bグッ!

 

サドヤのワインと一緒に、美味しい「肉(29)の日」をお楽しみくださーい☆

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

【メルマガアーカイブ】大人気「ジャーキー」と「スモークチーズ」に合うワイン!!(2016年9月27日配信)

LINEで送る

  • 2018年06月05日
  • イベント メルマガアーカイブス 2016年9月 カベルネ・ソーヴィニヨン 秋分の日 ワインと食材の相性 敬老の日 スモークチーズ マスカット・ベーリーA ビーフジャーキー シルバーウィーク オルロージュ ロゼ ワイン スパークリングワイン ぶどう品種 国民の祝日 

私、山本が今回の最新情報をお届け致します!

 

みなさまこんにちは、“在庫番長”ことワインショップ担当の山本です。
先週のシルバーウィーク期間中は、多くのお客様にワイナリーまでお越しいただき、

本当にありがとうございました。中には平日すべて休みを取って、1週間まるまる“休み”です!

なんて、うらやましいお客様もいらっしゃいました。

シルバーウィークの期間中、ワインショップで大人気だったのが、こちらの“おつまみ”…。
美豚ハマジャーキー鎌倉スモークです。神奈川県観光協会「かながわ屋」さんと

の物産交流の一環として販売をさせていただいているのですが、“ワインに合うおつまみ”としてこれが大人気!!

好評につき、シルバーウィーク終了を待たずに、仕入れた分はすべて完売しました。

ありがとうございます。“在庫番長”新たな在庫の仕入れ、発注をしておりますので、

しばらくお待ちください。

 

今日は、神奈川県出身、私オススメの、「美豚ハマジャーキー」と「鎌倉スモーク」

に良く合うワインを紹介させて頂きます。

 

ロゼ スパークリング


「美豚ハマジャーキー」に合わせていただきたいのがこちら!

しっかりとした、肉の味わいと、ペッパーのスパイシーさにも負けないのは、やはり“泡モノ”です!!

 

甲州醸し SMOKE – スモーク –


「鎌倉スモーク」に合わせいただきたいのがこちら! 名前で遊んでいるわけじゃないんです!

スモーキーなニュアンスを持つワインと、スモークチーズの相性はピッタリです!!

ワインショップにお越しの際は、オススメのワインとおつまみの組み合わせなど、お気軽にお尋ねください。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

【メルマガアーカイブ】マスカット・ベーリーAの仕込みを行いました!! (2016年9月24日配信)

LINEで送る

  • 2018年06月04日
  • 除梗・破砕 ワイン造り メルマガアーカイブス 2016年9月 マスカット・ベーリーA オルロージュ モンシェルヴァン ワイナリー見学 観光 甲府の気候 ぶどう品種 

私、寺井が今回の最新情報をお届け致します!

 

みなさまこんにちは、今回で3回目の登場となります。蔵人の寺井です。
今週はマスカット・ベーリーAの仕込みが作業の中心となりました。雨の日が多く、ぶどうの収穫には

大変に気を使いました。今日は日本の固有品種、マスカット・ベーリーAについて少しお話をさせて

頂こうと思います。

マスカット・ベーリーAは、「日本ワインぶどうの父」川上善兵衛氏によりマスカット・ハンブルグ

(黒ぶどう)を父として、ベーリー(黒ぶどう)を母として1927年に交配、1931年に結実し誕生し

た、日本固有の交配品種です。

 

名前に“マスカット”という文字が入る為、良く“白ぶどう”と勘違いされる事もあるのですが、

出来上がったワインをご覧頂ければお解りになりますように、マスカット・ベーリーAは“黒ぶどう”です。

 

少し解りにくいかも知れませんが、“黒ぶどう”と“白ぶどう”を交配して出来た“黒ぶどう”

(マスカット・ハンブルグ)と、“黒ぶどう”と“白ぶどう”を交配して出来た“黒ぶどう”

ベーリー)を交配して出来た“黒ぶどう”がマスカット・ベーリーAという事になります。

 

ですから“黒ぶどう”とは言え、“白ぶどう”の系統も流れていますし、名前の“マスカット”

父であるマスカット・ハンブルグのさらに父の、マスカット・オブ・アレキサンドリアから

来ているものと思われますので、皆様が“白ぶどう”と勘違いをされてしまうのも無理はない

かも知れません。

 

“黒ぶどう”と“白ぶどう”という言葉の連続で何だか、判り難い文章になってしまいましたね…。

本当はもっと、マスカット・ベーリーAという、ぶどうの持つ特徴などについてお話をさせて頂き

たかったのですが、それは次の機会に譲り、マスカット・ベーリーAを使用したサドヤのワインの

ご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

 

オルロージュ 赤


ファーストヴィンテージは2012年産、サドヤが初めてマスカット・ベーリーAを主体にして造った

ワインです。セパージュの比率は概ねMBA(マスカット・ベーリーA)80%、CS(カベルネ・ソーヴィニヨン)20%です。今では、サドヤの看板商品に成長しました。

 

モンシェルヴァン 赤

輸入ワイン(チリ産メルロ)を主体としたデイリーワインですが、ニューワールドらしいボリューム感のある味わいに、マスカット・ベーリーAをブレンドし、日本人好みの爽やかな香味のバランスに仕上げています。

 

仕込みが続き、まだまだ気の抜けない日々が続きます。皆様に美味しいワインをお届け出来るよう、これからも努力を続けてまいります。どうぞ、ご期待下さい。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

〜 サドヤ出店 イベント情報 〜 『第7回 甲府ワイン組合 テイスティングフェア』
【日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤ】

LINEで送る

  • 2018年04月25日
  • イベント シャルドネ カベルネ・ソーヴィニヨン マスカット・ベーリーA 甲府ワイン組合 オルロージュ ロゼ ワイン スパークリングワイン 観光 ぶどう品種 

いつもご覧いただきありがとうございます。
日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリーサドヤです。

 

「甲府ワイン組合」に所属する8社のワイナリーが一堂に会する
試飲即売会「第7回 甲府ワイン組合 テイスティングフェア」のご案内です!

開催日時 4月28日(土)
開催時間 10:00 〜 16:00
場  所 甲府駅北口ペデストリアンデッキ

 

11枚綴のチケットを購入して頂き、お好みのワインを自由にご試飲頂けます。
先着300名様にはチーズのおつまみをプレゼント! サドヤの出品ワインは以下の通りとなります。

 

オルロージュ 赤


オルロージュ 白


ロゼ スパークリング

普段なかなか試すことが難しい、スパークリングワインの試飲が出来るのが嬉しいですね!

 

LOVE WINE(全国のワインイベント紹介サイト)
「第7回 甲府ワイン組合フェア」紹介ページ
https://love-wine.jp/wineevent/yamanashi/kofuwineryies-tastingfair/

Categoryカテゴリー

RSSリーダーで購読する

ブログ
メールマガジン
株式会社サドヤ
Facebook
Twitter