TOP > サドヤブログ > 無花果

サドヤブログSADOYA Blog

【メルマガアーカイブ】新酒(ヴァン ロゼ ヌーボー 2016)の瓶詰めを行いました! (2016年10月29日配信)

LINEで送る

  • 2018年06月25日
  • 文化の日 ワイン造り メルマガアーカイブス カベルネ・ソーヴィニヨン 2016年10月 ワインと食材の相性 詰口作業 マスカット・ベーリーA 生ハム シーフード 無花果 新商品 季節の商品 ロゼ ワイン ワイナリー見学 観光 甲府の気候 ぶどう品種 国民の祝日 

私、寺井が今回の最新情報をお届け致します!

 

みなさまこんにちは、今回で8回目の登場となります、蔵人の寺井です。
11月3日解禁、山梨ヌーボーの瓶詰めを昨日、10月27日に行いました。

 

 

山梨県では、様々なぶどう品種が栽培され、ワインが醸造されています。それぞれ、品種により

収穫時期が異なり、デラウェアーや巨峰などの新酒ワインは一足先に発売されていますが、

日本が世界に誇る、日本の固有品種、甲州とマスカット・ベーリーAで造られた新酒ワインを

「山梨ヌーボー」と命名して解禁日を設けたそうです。

 

“山梨県ワイン酒造組合”に加盟しているワイナリー間での決め事、業界内での自主規定では

ありますが、決まりを設ける事により業界が一致団結して、「山梨ヌーボー」のプロモーションに

取り組んでいます。

 

サドヤの新酒は、毎年色鮮やかなロゼワインです。山梨県産マスカット・ベーリーAを主体に、

サドヤ農場産カベルネ・ソーヴィニヨンをアッサンブラージュ。セパージュ比率は75:25です。

秋空のように澄み渡った、爽やかな味わいのワインに仕上がりました。

 

解禁日は11月3日となりますので、皆様にはもう少しお待ち頂く事になりますが、少しでも

今年の新酒をイメージして頂く一助になればと思い、テイスティングコメントを書かせて頂きたい

と思います。

 

サドヤ ヴァンロゼ  ヌーボー 2016 2016/10/28 寺井 健治

 

澄んだ輝きのある、淡いサーモンピンクの色調。
ジャンブは中庸、全体的に新酒らしく溌剌とした若々しい印象の外観です。

 

瓶詰め直後の為か、香りの第一印象はやや控えめではありますが、
時間の経過とともに、ストロベリーや、ラズベリーなどのやや甘い印象を
持った、ベリー系の果実の香り、そしてその奥から、スミレやバラなど
の赤い花を連想させる、たおやかな香りを感じる事ができます。

全体的な香りの印象としては、新酒らしい、真っ直ぐで、爽やかな香りがお楽しみ頂けます。

 

アタックは軽やかでスムースな印象。ドライな味わいですが、ワイン初心者の方でも

スラリと飲めてしまいます。フレッシュで活き活きとした酸味が心地よく、程よい果実味と

酸味がバランス良くまとまりスマートな味わいです。

 

外観の印象以上に、タンニン分もしっかりとしており、新酒としては余韻もやや長め。
新酒らしいフレッシュな爽やかさと、しっかりとした飲みごたえ、両方を感じる事が出来る

仕上がりです。

ロゼワインは、ピンク色をした食材との相性がピッタリです。旬を迎えた無花果や柿などの果実を
プロシュートで巻いて、エビやサーモンなどのピンク色の食材と一緒に。シーフードパエリアや
ピザなどと合わせて頂くのもお薦めです。

解禁日まで、皆様には今しばらくお待ち頂きますが、その出来栄えは私が保証致します。
是非、楽しみにお待ち下さい。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります

Categoryカテゴリー

RSSリーダーで購読する

ブログ
メールマガジン
株式会社サドヤ
Facebook
Twitter