TOP > サドヤブログ > 酒税

サドヤブログSADOYA Blog

【メルマガアーカイブ】「ゴールデン ジンジャーワイン」の瓶詰めを行いました!(2016年12日10日配信)

LINEで送る

  • 2018年07月28日
  • イベント オーナーヴ 火入れ(pasteurization) ワイン造り メルマガアーカイブス ジンジャーワイン ブルーベリー+ワイン 2016年12月 詰口作業 太陽のマルシェ 甘口ワイン 観光 酒税 

私、寺井が今回の最新情報をお届け致します!

 

みなさまこんにちは、今回で14回目の登場となります、蔵人の寺井です。
普段は蔵の中にいる事が多い私ですが、今日12月10日(土)と11日(日)は蔵を飛び出して
小野部長と一緒に、勝どきの「太陽のマルシェ」に出店しています。

 

お世辞にも接客が上手とは言えない私ですが、一生懸命対応させて頂きますので、どうぞ宜しく
お願い致します。接客は不得手な私ですが、サドヤのワイン造りの現場の事は、「誰よりもよく知っている。」

という自負があります。ワインに関する事なら何でもお尋ね下さい。誠心誠意お応えさせて頂きます。

 

昨日(12月9日)の事となりますが、しばらく欠品をしていた「ゴールデン ジンジャーワイン」の

詰口作業を行いました。甘口のワインの為、火入れを行いますので、詰口作業と同時にラベルの

貼付け作業を行う事が出来ません。ラベルの貼り付け、パッケージングが終了次第、再販開始の

ご案内をさせて頂きます。

 

「ゴールデン ジンジャーワイン」は「オーナーヴ」、「ブルベリー + ワイン」と並ぶ、数少ない

サドヤの甘口ワインとなります。日本の酒税法上は「甘味果実酒」となりますが、この「甘味果実酒」とは

一体どのようなお酒なのでしょうか。甘口のワインは皆「甘味果実酒」に分類されるのでしょうか。

 

今日は日本の酒税法上に於ける、「果実酒」と「甘味果実酒」についてお話をさせて頂きたいと思います。
※Vin doux naturel(ヴァン・ドゥー・ナチュレル)や Vins de liqueur( ヴァン・ド・リケール)等、

製法上の違いについても触れたい所ですが、長くなりますので、またの機会にしたいと思います。

 

「果実酒」

 

1.果実(及び水)を原料として発酵させたものでアルコール分20%未満のもの。
2.果実(及び水)、糖類を原料として発酵させたものでアルコール分15%未満のもの。

 

※「糖類」とは「政令で定める糖類」で砂糖、ぶどう糖又は果糖を言います。飲料に甘みを加える為の

糖類というよりは、アルコール発酵を促す際に使われる「糖類」(※補糖)が中心と考えられます。
※果実酒の定義として上記以外にもあと2項目ありますが、該当するケースが少ない為、今回は割愛させて頂きます。

 

ワイン醸造の一般的な製造法として、果汁に発酵を促す為の糖類(補糖)を行い醸造されたものは、

甘口のワインでもアルコール分が15%未満のものは、「果実酒」となります。「甘味果実酒」と

書いてないワインは「甘くない」という事にはならないのです。

 

「甘味果実酒」

 

甘味果実酒とは、果実酒に糖類ブランデー等を混和したものです。
1.アルコール分が15%以上の果実酒類
2.砂糖、ぶどう糖、果糖以外の糖類を加えたもの
3.色素を加えたもの
4.ブランデー等、アルコール類を加えたとき、その量がすべてのアルコール分10%を超えるもの。
5.薬草抽出液、香味料を加えたもの。

 

※ブランデー等のアルコール分を添加した場合は、その添加分が酒のアルコール分の9/10以下で

あることとされています。9/10を超える場合はリキュール、又はスピリッツとなります。

 

纏めると、「甘味果実酒」とは果実酒の原料として認められた範囲を超えて糖類やブランデー等を

混和したり、果実酒に薬草などの植物の成分を加えたもの、という事になります。

ジンをベースとした人気カクテル「マティーニ」の副材料となる、ドライ・ベルモットは辛口の

味わいですが、日本の酒税法上は「甘味果実酒」という扱いになります。

ドライ・ベルモットのような例外もありますが、「甘味果実酒」と表記がある場合は、概ね「果実酒」
をベースに醸造された「甘いお酒」と考えてよいと思います。

 

「甘いお酒は…。」と敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、世界にはポート、シェリー、

マディラなど…、偉大な甘口のワインが沢山あります。機会を作って是非一度は楽しんで頂きたいものです。

 

今日はそれらに変わって、サドヤの甘口ワインの紹介をさせて頂きたいと思います。
魅惑の甘口ワインの世界を、どうぞお楽しみ下さい。

 

オーナーヴ

1,620円

山梨県産赤ワイン・ブランデー(フィーヌ・エクストラ)

辛口の赤ワインに砂糖で甘みを、ブランデーで芳醇な香りを加えました。

マディラタイプのデザートワインです。

 

ブルーベリー + ワイン

1,080円

輸入ワイン・ブルーベリー果汁

赤ワインに、ブルーベリー果汁を加えたカクテル感覚の甘口ワインです。

普段、ワインにあまり親しみのない方にも親しみやすい味わいです。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

 

【メルマガアーカイブ】ワインが増税!? 急いで飲め!! (但し4年後…、7年後の話ですが…。) (2016年11月26日配信)

LINEで送る

  • 2018年07月14日
  • オーナーヴ メルマガアーカイブス 2016年11月 フィーヌ・エクストラ(1960年産ブランデー) 甘口ワイン 酒税 

私、寺井が今回の最新情報をお届け致します!

 

みなさまこんにちは、今回で12回目の登場となります、蔵人の寺井です。
私が書いた、メールマガジンの原稿に少し過激なタイトルが付けられていたので、ビックリしています。

 

TV、新聞等のニュースで既にご存知の方も多いかと思いますが、ビール、発泡酒、第3のビール
などにかかる酒税を2020年10月より段階的に見直し、2026年10月に統一する案を財務省が纏めた

という事です。ビールは減税となりますが、発泡酒、第3のビールは増税となります。

 

ワインメーカーの私としては、どこか他人事のような目でこのニュースを見ていたのですが…。
どうやら、まったくの他人事という訳にいかなくなって来たようです。

ビールなどにかかる酒税の見直しに合わせて、清酒とワインも税率を一本化する案を財務省は
纏めたそうです。今日は我々酒造業者にとって切っても切れない「酒税」について少しお話をさせて
頂きたいと思います。

 

皆様は「酒税」という税金をご存知ですか? 端的にお酒に掛かる税金という事になるのですが、
酒税法では、「アルコール分1度以上の飲料」を酒類と定めた上、原料や製造法などの違いにより、
清酒、焼酎、ビール等、17種類に分類され、それぞれの税率が定められています。

 

現在、ワイン(果実酒)の酒税は1kl(1,000リットル)当たり¥80,000、720mlに換算すると
1本当たり、¥57.6が酒税となります。一方、清酒の酒税は1kl当たり¥120,000、720mlに
換算すると1本当たり、¥86.4が酒税となります。

 

この清酒とワインの酒税を、2020年10月、2023年10月の2段階で税率を統一する案を財務省が
纏めたそうです。この案では、清酒、ワインともに720ml換算で1本当たり¥72の酒税となります。
清酒は減税、ワインは増税という形になります。

 

720ml換算で1本当たり¥14.4の増税と、酒税だけを見ると大した数字ではないように思いますが
2019年10月の消費増税と合わせて、今後ワインの価格が上がって行く事は間違いなさそうです。

 

サドヤで製造してる酒類は、ワイン(果実酒)以外には甘味果実酒とブランデーです。
参考までにそれぞれの税率ですが…。

 

甘味果実酒
1kl当たり¥120,000、(アルコール分が13度以上の場合、1度ごとに¥10,000加算)
加算が無い場合で720ml換算で1本当たり、¥86.4、清酒と同率の税率となります。
※可能であれば、甘味果実酒も統一の酒税にして頂き、減税して欲しいものです。

 

ブランデー
1kl当たり¥370,000、(アルコール分が37度以上の場合、1度ごとに¥10,000加算)
加算が無い場合で720ml換算で1本当たり、¥266.4の酒税となります。

 

余談ではありますが、日本の酒税の歳入額は約1兆円。歳入額全体の約2%程度との事です。
また、酒税の主な使い道ですが、一般財源として、国家公務員の人件費、地方交付税などです。
(※地方交付税の使い道でも一番大きなもの、は地方公務員の人件費との事ですので、
酒税 = 公務員のお給料 と、考えても良いのかも知れません。)

 

今日は「これで貴方も高額納税者」1本当たりの酒税が高い商品を紹介させて頂きたいと思います…。
セールスには不向きな表現ですね…。反省しています…。

 

フィーヌ・エクストラ

1本当たり(500ml換算)で酒税が約¥195。堂々の1位です。ブランデーの税率から言えば

当然の結果と言えますね。

 

オーナーヴ(デザートワイン)

1本当たり(720ml換算)で酒税が約¥93.6。甘味果実酒のオーナーヴは通常のワイン(果実酒)

よりも税率が高くなっています。それでもこの価格ですので、隠れた高コストパフォーマンス

商品ですね。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

Categoryカテゴリー

RSSリーダーで購読する

ブログ
メールマガジン
株式会社サドヤ
Facebook
Twitter