TOP > サドヤブログ > 甲州

サドヤブログSADOYA Blog

【メルマガアーカイブ】 レポート 日本ブドウ・ワイン学会(ASEV Japan)(2016年12月17日配信)

LINEで送る

  • 2018年07月30日
  • 真田丸 ワイン造り TV 棚長梢(X字) メルマガアーカイブス 棚短梢(一文字) 垣根長梢(ギヨ) 垣根短梢(コルドン) 2016年12月 ぶどう畑 甲州 日本ブドウ・ワイン学会(ASEV JAPAN) ぶどう品種 

私、寺井が今回の最新情報をお届け致します!

 

みなさまこんにちは、今回で15回目の登場となります、蔵人の寺井です。
何やら、ショップの二人は「真田丸」の話題で盛り上がっているようですね。

 

私もわりと歴史は好きな方なのですが、やはり一番好きなのは郷土の英雄で私淑している、武田信玄公です。
真田家も旧武田家家臣ではありますが、幸隆、信綱父子の代くらいまでしか知らない為、今ひとつ彼らの
会話について行けず、少し寂しい思いをしています。

 

武田二十四将の一人“秋山伯耆守信友”(あきやまほうきのかみのぶとも)の屋敷跡に建つ山梨大学にて、
11月26日(土)、日本ブドウ・ワイン学会(ASEV JAPAN)の総会が開催されましたので参加をさせて
頂きました。

 

当日は様々なセミナーや、口頭発表がありましたが、その中で個人的に興味を持ったものを一つだけ、

この場を借りて掻い摘んで、ご紹介させて頂きたいと思います。(※の私の理解不足で間違った解釈を

お伝えしてしまうような箇所もあるやもしれません。その節は平にご容赦頂きたくお願い申し上げます。)

 

私が特に興味深く拝聴させて頂いたのは「仕立て及び整枝剪定方法の違いが“甲州”の果実特性に及ぼす

影響」という発表です。山梨県果樹試験場の渡辺氏、山梨峡東地域普及センターの三宅氏、山梨県

工業技術センターの小松氏、恩田氏、4氏の研究報告です。

 

“甲州”は一般的に、棚仕立ての長梢剪定で栽培される事が多いのですが、仕立て及び、整枝剪定方法の

違いにより、どのような変化が現れるのか、と言った内容でした。

 

比較を行った仕立て及び、整枝剪定方法は、棚長梢(X字)棚短梢(一文字)垣根長梢(ギヨ)

垣根短梢(コルドン)、以上、4つの仕立てでした。

 

棚短梢(一文字)の生育速度は、棚長梢(X字)とほぼ同じだが、ベレーゾン(ぶどうの色付き)は

垣根より3-5日早く、棚長梢(X字)より総酸含量が高く、熟期が遅れる傾向が見られる。

棚長梢(X字)に比べると収量は少ないが、作業時間が短縮出来る。適正樹勢の維持が課題である

そうです。

 

垣根長梢(ギヨ)では、ぶどうの糖度は高いが、果房重が小さく収量が少ない。新梢の生育が不揃いで

満開期の新梢も長く、適正樹勢の維持が難しい。また、節間も長く、翌年の結果母枝の確保も難しい為、

“甲州”は垣根仕立ての長梢剪定栽培には向かないとの事でした。

 

垣根短梢(コルドン)では、棚の長梢(X字)、短梢(一文字)に比べて、収量は少なかったが、

垣根長梢(ギヨ)よりは多く、作業も単純なことから樹冠の拡大等、更なる検討により収量の増加を

図れるものと考えられるそうです。

 

また、“甲州”では、新梢の基芽は花芽を持ちにくい事が解ったという事です。
(※“甲州”の基準単収は1.8-2.0t/10aです。)

 

上記の栽培方法の違いから得られた、4種の甲州葡萄を醸造した際の比較ですが、短梢、長梢、どちらの

場合においても、垣根栽培のほうがアミノ酸含量が多かったという事です。以前の研究で、アミノ酸含量

と酢酸イソアミルや、他の脂肪酸エステルと正の相関がある事が報告されているそうです

 

今回の試験に於いても、ワイン中の脂肪酸エステル類は、棚栽培の約1.0〜3.5倍含まれていたとの事。

また、バラ洋の香りがし、フルーティーさの増強に役立つ事が知られている、βダマセノンも垣根栽培の

方が多かったという事です。また、官能評価においても、垣根栽培のほうが良い評価のものが多かった

ようです。

 

これまでの甲州ワインの研究で、栽培方法の違いがワイン中の成分に大きな差が認められたのは初め

であり、甲州の垣根栽培の今後に期待が出来るとの事でありました。

 

“甲州”の垣根栽培はまだ一般的とは言えない状況です。サドヤで醸造している甲州も総て棚栽培のものを

使用しています。しかし、このような研究が進むうちに、醸造用甲州の栽培は垣根栽培が主流、という

ような時代が来ると面白いですね。(実現する為のハードルは相当高いと思いますが…。)

 

先ずは一度この手で、垣根栽培の甲州を醸してみたいものです。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

今週末のワイナリー見学について(2017年7月21日・22日)
【日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤ】

LINEで送る

  • 2018年07月21日
  • イベント 日本ワイン発祥の地・甲府 鷹乃学習(たかすなわちわざをならう) カベルネ・ソーヴィニヨン セミヨン 甲州 小暑 シャトーブリヤン ミュール サドヤ農場 サドヤ ワイン スクール ロゼ ワイン スパークリングワイン 甲州ワイン 七十二候 営業案内 ワイナリー見学 観光 甲府の気候 二十四節気 ぶどう品種 

いつもご覧いただきありがとうございます。
日本で初めてワイン専用ブドウ品種でワインを醸したワイナリー サドヤです。
.
サドヤのある甲府では、7日間連続の猛暑日を記録しました。

今週末も猛暑日の予想となっています。体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。

猛暑の週末は、駅近クールスポット、サドヤの地下セラー見学は如何ですか…?
.
既に定員に達した回もございます。
今週末、2018年7月21日(土)・22日(日)のワイナリー見学のご予約状況をお伝えいたします。
.
※2018年7月21日 10:00の時点のご予約状況です。
.
7月21日(土)
.
10:00 ○ 定員に対して余裕があります。
11:00 △ まもなく定員に達します。
—————————————–
13:00 ○ 定員に対して余裕があります。
14:00 × ワインスクール開講のため催行なし。
.
ワインスクールの定員に対して余裕があります。当日のご参加も受け付けております。
.
15:00 △ 間もなく定員に達します。
16:00 × 定員に達しました。
.
7月22日(日)
.
10:00 ○ 定員に対して余裕があります。
11:00 × 定員に達しました。
—————————————–
13:00 ○ 定員に対して余裕があります。
14:00 △ 間もなく定員に達します。
15:00 ○ 定員に対して余裕があります。
16:00 ○ 定員に対して余裕があります。
.
※2018年7月21日 10:00の時点のご予約状況です。

【メルマガアーカイブ】 生牡蠣とレモン、そして白ワインの美味しい関係!(2016年11月12日配信)

LINEで送る

  • 2018年07月09日
  • メルマガアーカイブス ワインと食材の相性 セミヨン 2016年11月 生牡蠣 甲州 シャトーブリヤン ミュール サドヤ農場 シャトーブリヤン 甲州ワイン ぶどう品種 

私、寺井が今回の最新情報をお届け致します!

 

みなさまこんにちは、今回で10回目の登場となります、蔵人の寺井です。
此処、甲府では今週、10日に初氷を観測したそうです。急速に秋の気配が深まり、

冬が近づいて来るのが感じられますね。

 

この時期、旬を迎えるのが、私も大好きな「牡蠣」(冬場に旬を迎える「真牡蠣」)です。
真牡蠣の水揚げ期間は10月〜4月くらいまでの約半年間、しかし、生食用として出荷出来る期間は、
11月〜2月くらいまでだそうです。

「生牡蠣とシャブリ」の例を出すまでも無く、生牡蠣と白ワインの相性の良さは既に周知の事実

ですが、今日は、「生牡蠣と白ワインの美味しい関係」」について、少しだけ科学的にお話させて

頂きたいと思います。

 

皆様は生牡蠣を食べる際に何を添えられますか?恐らく、レモンやすだち、かぼすなど柑橘系の

果実の果汁を絞り、牡蠣と一緒に召し上がる方が多いかと思います。今回はこの、柑橘系果実の

果汁が(以下レモンの果汁とします。)美味しい関係のポイントとなります。

牡蠣に含まれる、「乳酸」や「コハク酸」は「温旨系有機酸」と呼ばれ、温かい温度で美味しくなる

性質があります。しかし、生牡蠣は冷やして食べるものですので、そのままでは「温旨系有機酸」の

美味しさを活かす事が出来ません。

 

そこで、レモンの出番となります。生牡蠣にレモンを絞ると、レモンの持つ「クエン酸」の働きで、
牡蠣が冷たいままでも美味しくなるのです。

 

「クエン酸」は冷やすとと美味しくなる「冷旨系有機酸」です。牡蠣に豊富に含まれるグリコーゲンと 「冷旨系有機酸」は非常に相性が良いのです。生牡蠣に、レモンを絞って頂く事により、とても美味しく召し上がって頂けるのですが、そこに白ワインをプラスして頂く事により、更に美味しくお召し上がり頂けます。

白ワインには、「リンゴ酸」と「酒石酸」というスッキリとした「冷旨系有機酸」が多く含まれています。牡蠣にはこの酸が欠けている為、レモンの「クエン酸」が仲人役となり、絶妙なマリアージュを魅せます。

どうぞ、生牡蠣とサドヤのワインのマリアージュをお楽しみ下さい。

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

【メルマガアーカイブ】今日 11月3日は「山梨ヌーボー」解禁日ですッ!!(2016年11月3日配信)

LINEで送る

  • 2018年06月29日
  • イベント 文化の日 メルマガアーカイブス 2016年11月 山梨ヌーボーまつり マスカット・ベーリーA 甲州 今日は何の日 新商品 季節の商品 ロゼ ワイン 観光 ぶどう品種 国民の祝日 

私、波多野が今回の最新情報をお届け致します!

 

ヒャッハー☆ 「山梨ヌーボー」今日11月3に解禁だ〜〜!!

今さらですが、北斗の拳 イチゴ味にハマっています!!

サドヤワインショップ店長の波多野です。みなさま、ご機嫌いかがですか?

 

冒頭でも触れましたが、今日11月3日は「山梨ヌーボー」の解禁日です。

山梨県内外で「山梨ヌーボー」の解禁を祝う、イベントが幾つも開催されているようですよ!

 

少し調べただけでも…、ヌーボー de 乾杯! カウントダウン 2016や、第30回 かつぬま新酒まつり!
山梨ヌーボーまつり2016などのイベントが盛り沢山!! 中には独自のフェアを開催されている
百貨店さんなどもあるようです…。

 

年々、色々な所で「山梨ヌーボー」が取り上げられて、盛り上がってきてるのを感じますね!! ( ´∀`)bグッ!

サドヤは例年通り、日比谷公園で開催される「山梨ヌーボーまつり」に参加しています。

 

もちろん、ワイナリー併設のショップでも新酒を販売しております!

紅葉も美しい季節になってきました、紅葉した木々のように鮮やかな新酒のロゼワインをお供に
紅葉狩りなどいかかですか?

 

ヒャッハー☆ 今週末はサドヤの「山梨ヌーボー」でお楽しみ下さーい☆

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

【メルマガアーカイブ】週末イベント情報!「ベトナムフェスタ in 神奈川」、他(2016年10月27日)

LINEで送る

  • 2018年06月22日
  • イベント TV メルマガアーカイブス ソーヴィニヨン・ブラン メディア 2016年10月 ワインと食材の相性 ベトナムフェスタ in 神奈川 生春巻き にじいろジーン 甲州 フォー スパークリングワイン 甲州ワイン 観光 ぶどう品種 

私、波多野が今回の最新情報をお届け致します

みなさまこんにちは、サドヤワインショップ店長の波多野です。
まずはみなさまに、お詫びと訂正です。

 

前回、10月25日配信のメールマガジンで、関西テレビさんの番組「にじいろジーン」の放送予定日の
変更を山本から、お知らせさせて頂いたのですが、本文中で、放送予定日が10月29日(土)と

なっていたり、10月22日(土)となっていたり…、混乱を招くような表現になってしまっていました、

申し訳ありません。

正しくは、10月29日(土)が放送予定日となります。m(_ _;)m
忘れませんッ!観るまではッy!!  絶対観るぅ! Do it, Watching TV.

 

(当時、“性の喜びおじさん”が話題となっており、その影響でこのような文体となっています。

その後、死亡説が流れる等ありましたが、現在も正確な所はよく解らないようです。大菩薩峠に

登場する、“芳浜の茂太郎”、“トリプルファイヤー吉田”氏、性の喜びおじさんに彼らと同じような

天性の言語センスを感じていましたので、死亡説が本当だとするとこれ程悲しい事はありません。

今も何処かで元気に過ごされている事を願っております。)

 

ということで、「にじいろジーン」の放送予定日は10月29日(土)です。そして、同じ日にサドヤが初出店の
イベントがありますので、紹介させていただきます。「ベトナムフェスタ in 神奈川 2016」です。

日本大通りを会場に行われるこのイベント、何と昨年は40万人のお客様が来場されたそうです。 ヮ(゜д゜)ォ!

サドヤの出店は、神奈川県観光協会との物産交流の一環として実現しました。

 

今日はベトナム料理と良く合いそうな、サドヤのワインを紹介させていただきたいと思いますが…、
……ベトナム料理…、“生春巻き”と“フォー”くらいしか知らない…。というわけで、
“生春巻き”と“フォー”に良く合う(んじゃないかな〜…、と思う…。)ワインを紹介させて頂きます!

 

まずは“生春巻き”です。さっぱりとした味わいの生春巻きには、ハーヴのニュアンスがある
ソーヴィニヨン・ブランを主体としたドライ スパークリングが良く合います! ( ´∀`)bグッ!
パクチーやバジルとの相性も良いですよ!

そしてベトナムを代表する麺料理“フォー”、グリューナー・ヴェルトリーナーと合うらしいので、
グリューナー・ヴェルトリーナーに似たニュアンスを持つ甲州種を使用したワイン
甲州シュール・リー「緑」- Green –にも合うんじゃないかな〜と…、思います。 (^^ゞ

それでは、「ベトナムフェスタ in 神奈川 2016」の会場でお待ちしてまーす☆

 

※過去に配信したメールマガジンのアーカイブです。リンク先等が変更になっている場合もあります。

 

Categoryカテゴリー

RSSリーダーで購読する

ブログ
メールマガジン
株式会社サドヤ
Facebook
Twitter